胸を取り戻す|一重まぶたを二重まぶたに変える埋没法|信頼できる美容外科へ

一重まぶたを二重まぶたに変える埋没法|信頼できる美容外科へ

胸を取り戻す

ビキニの女性

美しい丸みを取り戻すために

かつては乳がんの手術は、乳房を全て摘出するという方法でおこなわれていました。手術後はあばら骨が浮き出て見えるようになるくらい、腫瘍を乳房の膨らみごと完全に除去していたのです。 しかし現在では、腫瘍の部分のみを的確に切除することが可能になっています。重度の乳がんでなければ、手術後も乳房を温存することができるのです。 ただし、乳房は部分的には失われてしまいます。また、それによりひきつれて、本来は美しい丸みのあった乳房が、歪んだ形になってしまいます。 その美しい丸みを取り戻すために、美容外科では乳房再建手術がおこなわれています。失われた部分にシリコンジェルなどを入れることで、丸く膨らませるのです。 美容外科での乳房再建手術により、乳がん手術後も女性としての自身を失わずに済む人が増えています。

健康保険が適用されるようになったシリコンジェルによる乳房再建手術

乳房再建手術には、シリコンジェルだけでなく、自家組織が使われることもあります。自家組織とは、患者自身の体にある組織のことです。乳房再建手術においては、主に太ももやお尻などから採取した皮膚や脂肪が使われています。 自家組織による乳房再建手術には、健康保険が適用されるため、以前はこれを選択する人が多くいました。しかし現在は、シリコンジェルによる乳房再建手術にも、健康保険が適用されるようになっています。 自家組織を採取する手術が必要ないため、体への負担が少ないことから、シリコンジェルによる乳房再建手術には人気があります。健康保険が適用されるようになったことで、その需要はますます増えていくと予想されています。